野球初心者の為のブログ

野球と旅行と読書が好き。皆さんと野球の楽しさを分かち合いたくてブログ始めました。

セ・リーグとパ・リーグ 違い編

こんにちは!

 

夜型の生活になりつつあるのでできるだけ早起きを心がけようとしてはいますが、、いかんせんうまくいかないものです!笑

 

金曜日までリーグ戦が再開しないのでこれまでにアップしている記事を参考に復習をしておきましょう!

 

さて、今までリーグ戦の概念や、各リーグに所属しているチームなどのご紹介をしてきましたが、違いってあるの?

っていう疑問も出てきますよね。

なので今回はその違いについて述べていきましょう!

 

セ・リーグパ・リーグの違い】

ぶっちゃけ一つだけです!

今までは若干の違いこそありましたが、

良くも悪くも統一されてしまっているのでたった一つしか顕著な違いはないのです、がっかりしました?

 

しかしご安心ください!

この一つの違いが決定的な差を生み出しているのです。

 

その違いとは、

 

DH制(指名打者)です。

DH=Designated hitter 

 

聞いたことがあるかとは思いますが、

要するにピッチャーが打席に入らず、代わりに打つだけの選手が打線に入るということです。

そして、この制度はパシフィック・リーグにのみあります!

 

これは個人的な意見ではありますが、

セントラル・リーグに比べてかなり有利な制度です。

 

単純に、

・投手の代わりに一人打撃専門の選手を打線におけるので攻撃力アップ!

・投手は自分の投球だけに専念できる!

→結果的に場数が増えて能力アップにつながる。

→リーグ全体の発展につながるのです。

そして、

・監督は采配の選択肢が増える!

・ファンは色んな選手が観れる

・みんなハッピー!!!

なわけです。

結構凄くないですか?

その為、傾向として交流戦パシフィック・リーグのチームが強いということになっていると容易に推測ができます。

 

じゃあセントラル・リーグつまんねぇじゃん!ということもありません。

投手が打席に入ると相手の投手は舐めてかかる時がありますがホームランを打たれたりすることもありますし、代打で切り札を投手の打席の時に投入などドキドキする要素もDH制がないならないであるのです。

 

また、交流戦日本シリーズなど、他リーグのチームと戦う時は、ホームスタジアムのリーグのルールに従います。

つまり、セントラル・リーグの本拠地で試合をする時はDH制は無しで、パシフィック・リーグの本拠地では有りです。

ちなみにですが、アメリカのメジャーリーグでも、DH制があるないとで差別化をされています。

 

このように、明確な違いとそれによって生まれる差の理由がよくわかったと思います。

統一されてしまったことが多いと冒頭に述べましたが、過去にはクライマックスシリーズパ・リーグだけでしたし、翌日の先発投手を試合中に告知する予告先発制度も始めたのはパ・リーグです。革命的なことは大体パ・リーグがやってます。

 

セ・リーグももっと頑張って欲しいですね!

 

たつじゅん

セ・リーグとパ・リーグ ペナントレースって何?

こんばんは!

 

日付ギリギリではございますがサクッとスマホより書いて行きます!

 

本日のお題はペナントレースです。

これって意外と何っていう質問がよくきます。

簡単に言うと、リーグ戦のことと思ってもらって結構です。

試合数143試合を総当たり戦で行い、順位を決めます。

一昨年までは144試合でしたが、今は一試合減っています。

なんでかは覚えてないです笑

 

ちなみにこれは前回ご紹介した交流戦も試合数に含まれており、リーグ戦の成績と合算されていますよ!

 

これで、リーグ戦(各リーグ6チーム)で1位になったチームが優勝のあかつきにペナント(ちっこい旗みたいなやつ?)を貰えるのでペナントレースと呼ばれています。ビール掛けとかもやっちゃうわけです。

シーズンが始まるのが3月末、2月から始まる春季キャンプやオープン戦(プレシーズンマッチの様な非公式戦)を経てのスタートです。

交流戦が今ちょうど終わったところで、夏場にはオールスターが始まります。これは各チームのスター選手が一試合お楽しみ会のような形で試合をするというもので、各チームのファンもその日だけは仲間同士健闘を称え合います。

 

その後リーグ戦を再開して9月には大体の順位が決まり、3位以上はクライマックスシリーズと呼ばれるポストシーズンに進出することができます。

これに勝ち残ったチームが日本一を決める試合、日本シリーズに進めるという若干複雑なシステムになっています。

 

ちなみに日本シリーズは七番勝負で、先に4勝したチームが日本一です。これが大体10-11月ぐらいです。

既に寒いですね、野球やる時期じゃあない笑。

 

日本一になったチームはその年によってアジアシリーズ日米野球などの代表として参加することがあります。これはまぁオールスターよりお遊び感覚でやっているので、テレビをつけて、あっやってるわぐらいの感覚です。

 

最近の傾向としてクライマックスシリーズが白熱化しているため、日本シリーズがオマケみたいな風潮があるのが残念です。

幼少期巨人ファンだった私は当時のダイエーホークスとの日本シリーズで頭から三連敗して泣いて悔しがった記憶がありますが、今好きなベイスターズが中々な日本シリーズまで行かないので少し他人行儀で日本シリーズは見ていますね。

 

今年は去年より可能性がありそうですが。

 

しかしながら、今後クライマックスシリーズが無くなる、あるいはまた様相が変わるという噂も聞いています。

確かに、3位でシーズンを終えても結局ポストシーズンに勝たなければ日本シリーズに行かないというのもなんか納得いかないし、首位独走してたチームのシーズン中の努力はなんなのっていうのもわかります。逆は楽しいですけどね!笑

 

ということで15分少々でさくっとペナントレースについてご紹介させていただきました。

 

おやすみなさい!

 

たつじゅん

セ・リーグとパ・リーグって? パ・リーグ編

こんにちは!

 

交流戦の日程は終了し今年もパシフィック・リーグ福岡ソフトバンクホークスが優勝、

セントラル・リーグ勢も広島東洋カープを活躍しておりましたが、

あとわずか及びませんでした!

そして本日は予備日を使って横浜DeNAベイスターズオリックスバファローズと最終戦を迎えます。

予告先発投手

横浜DeNAベイスターズ:飯塚悟史(背番号30)

オリックスバファローズ:金子千尋(背番号19)

試合開始予定時刻:18:00@横浜スタジアム

 

 

ベイスターズは今日勝てば四連勝と非常に今後の勢いづけにも重要な試合になってきます。

こちらの先発は今季初先発の飯塚!相手は球界を代表する投手金子千尋です。(* *)

なんと新潟出身同士の対決、ぜひ注目したいですね。

飯塚は胸を借りるつもりで望んでもらいたいです。

初回いきなり7失点炎上とかはやめてね。

 

さて、今回はセントラル・リーグパシフィック・リーグを紹介しようということで、

前回に引き続きパシフィック・リーグのチーム紹介をしていきます。

 

そもそも、前回お話ししたように新球団発足に際して編成が行われ、

1950年にこっちのリーグもスタートしました。

当時は7球団から始まりましたが、統廃合や合併などを繰り返し現在の6チームに至っています。

よく、人気のセ・実力のパと言われることがありますが、

十年くらいまでは実際のところテレビをつけると巨人、巨人、たまに阪神のニュースしかやっておらず、パシフィック・リーグには目を向ける機会はなかったのが事実です。

しかし、上記の通りやはりパシフィック・リーグのチームはどこも強く、

セントラル・リーグ交流戦を始めたころは全く歯が立ちませんでした。

 

  1.  東北楽天ゴールデンイーグルス
    現:ニューヨーク・ヤンキース田中将大が記憶に新しい新興球団。
    東北は仙台に本拠地があり震災復興支援にも積極的に参加している
    素晴らしい球団です。経営母体は名前にある通り楽天で、
    経営自体も常に変革を志しています。(球場の隣に観覧車造るetc)
    基本的に下位に位置することが多いですが、今年は首位を現在キープ、
    2位で交流戦優勝した福岡ソフトバンクホークスを覇権争いをしています。

  2.  福岡ソフトバンクホークス
    パシフィック・リーグ内でも近年安定して勝ち続けている福岡に本拠地を置いているチーム。セントラル・リーグは巨人、パシフィック・リーグソフトバンクと言われるほどです。こちらはかつてダイエーが経営権を追っていましたが売却、後継者に名乗り出てきたのがあの孫正義さん率いるソフトバンクです。
    バシバシ資金を使って大型補強や若手育成に乗り出し、見事成果を出し続けているチームです。

  3.  埼玉西武ライオンズ
    埼玉は所沢に本拠地がある西武HDが経営しているチーム。
    今でももちろん強いチームですが、90年代に黄金期を迎えていて、
    8回のリーグ優勝、6度の日本一と巨人の黄金時代に匹敵するほど
    強すぎて他のチームのファンは全く面白くないわ!というような時期もありました。
    有名どころでいうと平成の怪物と言われた松坂大輔でしょうか。
    現在は福岡ソフトバンクホークスに在籍していますが消息不明・・・

  4.  オリックスバファローズ
    当時は近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブという関西にある二つのチームでしたが、東北楽天ゴールデンイーグルス結成時に統合、現在は大阪に本拠を置いているチームです。阪神タイガースとよく比較され、関西人は阪神オリックスかという論争が止まらないようです。私は関東人なので事情はよくわかりません。笑
    巨人や阪神と比較されて地味と言われているようですが私は決してそんなことはないと思います。
    応援のスタイルなども非常に手が込んでいるので、僕はもっと覚えて外野席で一度やってみたいと思うほどです。
    ぜひ興味のある方は動画投稿サイトなどでご覧になってみてください。

  5.  北海道日本ハムファイターズ
    ご存知球界一のスター選手と言われる大谷翔平が所属しているチームです。
    ちなみに去年は日本一になっているチームですが、日本一になった翌年に調子が落ちるというジンクスに苛まれています。
    元々は巨人と同じ東京ドームを本拠地とする在京球団でしたが、心機一転北海道に拠点を移して今へ至ります。
    関東圏にお住いの方はなかなか北海道まで行く機会はないかと思われますが、
    ビジターゲーム(相手チームの球場で試合をするとき)の際にはこっちの方まできてくれますのでぜひ行ってみましょう!

  6.  千葉ロッテマリーンズ
    千葉は海浜幕張に本拠地をおくチームです。
    横浜の隣川崎に本拠地が一度移った時期もありましたが、
    現在ではここに落ち着いています。
    このチームの特色はなんといっても応援スタイルです。
    サッカーの応援を踏襲しており、ドラムコールと呼ばれています。
    野球の応援がいつも使うメガホンは一切使わず、ラッパと太鼓と手拍子のみです。
    あとは飛んだり跳ねたります。声量もすごいので、ホームゲームでなくても圧倒されます。
    こればっかりはぜひ生で観にいって欲しいですね。
    今年は絶不調ですが、2000年代にはリーグ3位からポストシーズンで勝ちまくりそのまま日本一という離れ業もやってのけるチームでもあります。

 

いかがでしたでしょうか。

実際思うところパ・リーグも非常に面白く、魅力的な選手がたくさん所属しています。

今後は選手レベルでもご紹介していきたいと思います、

よろしくお願いします。 :D

 

たつじゅん

セ・リーグとパ・リーグって? セ・リーグ編

こんにちは!

 

ベイスターズの試合を見ておりましたが無念の雨天中止!

 

明日の予備日に期待しましょう!

今永は30球ほど投げていましたが次回登板で投げるのか、それともスライドで投げるのでしょうか・・

楽しみなところではあります。

 

 

さて、これまで野球のルールの前にいわゆる用語解説をしてきましたが、

それでも根本的な仕組みがわからないとまだわからないところが出てくると思いますので、今回は日本のプロ野球にある二つのリーグについてご紹介していきます。

 

 

日本のプロ野球にはセントラル・リーグセ・リーグ)とパシフィック・リーグパ・リーグ)があり、基本的には前にご紹介した交流戦と、ポストシーズン以外には関わることは少ないです。

 

それぞれに多少なりと違いはありますが、基本的な構造は違っていません。

そして今回はセントラル・リーグの球団についてご紹介していきます。

 

長い歴史をもつ日本プロ野球界ですが、

1950年に新球団加盟の関係で2リーグ制の構想が出てきました。

そこで8球団からスタート、6球団として数の増減はなく今に至ります。

(現在の順位からご紹介していきます。)

 

 

1. 広島東洋カープ

本拠地は広島にあります。特に経営権をもつ会社はなく、

市民球団として有名ですが、実際には昔から自動車メーカーのマツダが実際には大株主であり、現在の球場名にもマツダの名前が入っています。
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島広島市民球場

万年下位チームとして低迷していましたが昨年に25年ぶりにリーグ優勝、

今も圧倒的力で首位に君臨しています。

新人から入ってきた選手を我慢強く育て、

選手それぞれを非常に大切にする球団として有名です。

 

2. 阪神タイガース

読売ジャイアンツと並んで歴史の長い球団です。

阪急阪神ホールディングスにより長い間経営され、

関西人=阪神タイガースというイメージもあるのではないでしょうか。

ちょうど僕が野球を覚えた1990年代に暗黒期を迎えていたことから、

今こうして上位に食い込む活躍を見るとジェットコースターに乗っているような

気分でファンを楽しませてくれる華のある球団ですね。

熱狂的なファンが多く、関西人気質を色濃く表しています。

 

3. 横浜DeNAベイスターズ

私の地元で愛すべき球団です。

阪神とは逆に野球を覚えた当時1998年に日本一になり、

最盛期を迎えていましたが、つい最近までは万年最下位であったため、

ベイスターズ=弱小のレッテルが10年以上続いていました。

しかしながら、親会社がDeNAになって以降徐々に力を取り戻し、

昨年初のポストシーズン進出となりました。そして今も3位につけています。

 

4. 読売ジャイアンツ

野球を知らない人でもこの名前は知っているでしょう。

ご存知球界の盟主でありスター軍団です。

かつては王貞治長嶋茂雄桑田真澄清原和博松井秀喜など

各世代にスター中のスターが在籍し、長年日本の野球を支えてきました。

現在歴史的連敗を記録するなど低迷していますが、

早急な復活が野球界にさらなる盛り上げに繋がるのではないでしょうか。

 

5. 中日ドラゴンズ

中部地方では圧倒的人気を誇るチームです。

落合博満という右打者で史上最強の打者がかつて在籍していましたが、

監督として帰ってきた2000年代、黄金時代を作り上げたことで有名です。

しかも他球団からトレードなどで獲得したのではなく、

現有戦力がメインでです。これには驚きを隠せませんでした。

現在はその落合監督GMとして経営に携わっていますが、

逆に激しい低迷をしており、再起、というか落合監督の復帰を待つばかりです。

 

6. 東京ヤクルトスワローズ

もう一つの在京球団として有名なスワローズです。

東京六大学の開催地でもある明治神宮球場を本拠地におくチームで、

あの有名なペンギンがマスコットキャラクターをしています。

2015年には球界を代表する名選手、山田哲人を擁してリーグ優勝をしましたが、

現在は山田選手の不調などもあり最下位、かつてはコンスタントに中位に

位置していたチームでもあるので、今後の復活が楽しみなところではあります。

 

以上、ご覧いただきました通り、全てのチームには浮き沈みがあるというのが

ご覧いただけたかと思われます。

そこが一つのチームを応援していて面白いところではないでしょうか。

一つ好きなチームを是非見つけて応援してみてください!

 

 

たつじゅん

野球の打順 下

おはようございます!

 

最近起床時間が日毎にバラバラで頭の中がふんわりしています。笑

 

でもずっと眠いと言って寝てるのももったい無いですよね!

今はテレビ以外でも野球を観れるツールがどんどん増えてきています。

どんどん有効活用していくと楽しいですよね(`・ω・´)

 

それでは野球の打順、ラストスパートでございます。

 

1. 7番

 

下の8番打者がキャッチャーとして入ることが多いことから、それ以外の野手の中で一番打力が低い人が入ります。逆に、守備や走塁などその他の点で大きく評価されている選手が任されやすいです。

いわゆる繋ぎ役といったところでしょうか?

また、中には確率は低いものの、一発ホームランが期待されるような意外性のあるバッターが入ります。

 

2. 8番

 

9番とならんで打席が回る回数が少ない打順です。

簡単にいえばキャッチャーが入ります。

しかしながら、打てるキャッチャーがチームにいる場合は、繰り下げて7番に入るようなバッターがここにくることもあります。

最近は打てるバッターというものは減少傾向にあり、なかなか実現していませんが笑

 

3. 9番

 

セリーグでは99.999%ピッチャーがこの打順です。

もっとも打席数が少ない打順のため、少しでも疲れさせず自分のピッチングに専念してもらうためです。

パリーグでは、1番打者への繋ぎや役、あるいは第2の1番バッターがよくここに入ります。1番打者は長打もあったりするぶん、この9番はそこまでパワータイプではないことが多いです。

 

今回は前回申し上げたように、下位打線は日によってバラツキがあるため、今回は有名な日本人選手のご紹介は控えさせていただきますが、9番に至ってはかつて日本ハムファイターズにいた金子誠が印象的ですね。史上最強の9番打者として長年貢献してきた名選手です。

 

3シリーズに分けてお話ししたこの打順の役割ですが、あくまでも潮流であり、チーム方針や時代により多様化するのはいうまでもありません。

ですが、全く違うものにもなることはないでしょう。

 

今日はバファローズ戦、頑張れ久保、頑張れベイスターズ

 

たつじゅん

野球の打順 中

こんばんは!

 

いつもこのブログを見ていただきありがとうございます。

このブログを通して少しでも野球に興味を持ってもらえればこれ以上ない幸せです!

 

昨日に引き続き、早速野球の打順におけるそれぞれの役割をお話ししていきます!

 

1. 4番

 

説明不要かもしれませんが、野球における花形といえばこの打順です。

前の記事で、メジャーでは3番=最強打者というお話がありましたが、4番=最強打者という事実は日本では揺るぎないものです。

 

実際、日本のプロ野球チームの中でも助っ人外国人が任される打順でもあり、結果が一番求められもします。

確かに、チームが負けるとニュースでは4番が打てなかったから負けたと報じられることもしばしば。

期待と責任は表裏一体とはまさにこのことですね!

 

有名な日本人選手:筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)、福留孝介(阪神タイガース)

 

 

2. 5番

 

イメージとしては、4番の次に打撃力が期待できるバッター、で間違い無いですね!

特に3番と比較して何が違うかと考えると、重量感ある選手が任されやすいです。例えば、4番に絶対的な日本人選手が座っている場合、ここに助っ人外国人が入ります。

また、多少打率(ヒットのでる確率)が低くとも、ホームランなど遠くにボールを飛ばす力がある選手が理想像です。

 

有名な日本人選手:宮崎敏弘(横浜DeNAベイスターズ)、中村剛也(埼玉西武ライオンズ)、小谷野栄一(オリックスバファローズ)

 

 

3. 6番

 

この打順は個人的には3番の次に好きですね!

役割としては、クリーンナップ(わからない方は前日の記事ご参照)が打てなかった時の最終兵器、あるいは伏兵といったところでしょうか。

確かに、やっとクリーンナップ抑えた、、と思ったらなんだこいつ!!っていう感じでヒットを打ってくるタイプがまさにこの打順ですね。安心していると足元をすくわれます。

 

有名な日本人選手:中島宏之(オリックスバファローズ)、大引啓次(東京ヤクルトスワローズ)、鳥谷敬(阪神タイガース)

 

6番以降となると、上位打線にくらべて若干固定されなくなってきます。

そのため、例としてあげている選手はその日の試合等を参考にしていますので、明日は違う打順を任されているということもあり得ますのでご了承ください。

 

それでは良い週末を!

 

たつじゅん

野球の打順 上

おはようございます😃

 

本日はいい天気!お散歩したくなりますね^_^

 

交流戦も気がつけば折り返しをとっくに過ぎており、ベイスターズは例年以上の健闘を見せており頼もしい限りでございます^_^

 

 

さて、先日までは野球における守備時のポジション、いわゆるそれぞれの守備位置についてご紹介をしていきました。

 

 

野球というボールスポーツは、サッカーやバスケのような攻撃と守備の切り替わりが瞬時ではなく、イニング(回)で攻撃と守備を切り分けています。アメフトやクリケットもこんな感じでしたよね?お詳しい方是非とも教えてください。

 

そこで今回は、攻撃側について少しお話をしていきたいと思います!

 

守備では攻撃側のチームに対して、みんなそれぞれのポジションに同時に守っていますが、基本的には攻撃側は1人ずつです。

 

簡単に言うと、いわゆる打つ順番、文字通り打順で打者9人を回して行くと言うようなルールになっています。

 

そして三人ずつどのような役割があるのかをご説明していきます!

 

有名な日本人選手と書いていますが、ポジションと違い、比較的最近は流動的ですので、あくまでも私個人としての印象で例をあげているのでご了承ください。

 

1. 1番打者

試合で1番打席が多く回ってくるバッターです。その為、ヒットを多く打てる、打てなくてもフォアボールや相手のエラーを誘い塁に出る確率が高い人が任されます。基本的にはツーベースヒット以上、つまり長打を多く要求されませんが近年の傾向としては長打も打てるバッターが現れてきています。試合の1番最初に投げられるボールを打ってホームランとかもたまにありますね。

ですがあくまでも得点チャンスの第一歩をつくる人です。

 

また、塁に出たら盗塁といって投手がボールを投げている間に走って次の塁を陥れるということもします。従って、基本的には一番足が速い人がやります。

 

 

有名な日本人選手:イチロー(マイアミマーリンズ)、川崎宗則(福岡ソフトバンクホークス)、田中広輔(広島東洋カープ)

 

 

2. 2番打者

 

1番打者とそれ以降の打者ありきの打順です。このあとご説明しますが、3番打者〜5番打者は強力な打者を並べるので、塁にでた1番打者を二塁より先、つまりスコアリングポジションと言われる得点しやすい場所に進めることが役割です。

 

進める手段としては、バントと言われる

バットを振らずに、投手に向かって横に倒して向け、ボールを確実に捉え、勢いをあえて殺してその間に今いる走者を先に進めると言う作戦がメインです。

このバンドに関しては後日説明していきます。

あ、勿論、バントだけでなく普通に打つ時もありますよ。笑

 

有名な日本人選手:菊池涼介(広島東洋カープ)、今宮健太(福岡ソフトバンクホークス)、梶谷隆幸(横浜DeNAベイスターズ)

 

3. 3番打者

 

個人的には一番好きな打順です。でも打っていたのは小学生の時だけです笑

野球初心者の方でも四番打者が一番打てる選手という認識があるかと思います、現に、間違っていません!

実際日本の四番打者は素晴らしい選手が軒並み連なっています。

四番打者については次のエントリーでご説明していきます。

四番打者、五番打者とこの三番打者三人はチームの中でもトップ3の打力を持つ人が並びます。そして、ランナーが溜まった塁をお掃除=ホームベースを踏ませて生還させるということからクリーンナップと呼ばれています。日本語でいうと主軸でしょうか。

中でも三番打者は、ヒット、ホームランだけでなく盗塁も決めちゃうような完璧な選手が任されます。

そして、よそはよそ、うちはうちと言われてしまうかもしれませんが、メジャーではチームで一番優れたバッターは3番を打ちます。

ワシントン・ナショナルズブライス・ハーパー(最近は2番笑)、ロサンゼルス・エンゼルスマイク・トラウトボルティモア・オリオールズのマニー・マチャド、コロラド・ロッキーズのアーロン・アレナド、マイアミ・マーリンズのクリスチャン・イエリッチなど、あげたらキリがないわけですね。

 

圧倒的な3番推しですが、人によっては四番がいい!とか二番でしょ!などなどと意見が分かれますので、出口の見えない議論となっています。

 

有名な日本人選手:坂本勇人(読売ジャイアンツ)、秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)、山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

 

こうそれぞれの打順の役割がわかると、この人のこの打席での意図などが読めてきますので、みていて面白いですよね!

 

たつじゅん