野球初心者の為のブログ

野球と旅行と読書が好き。皆さんと野球の楽しさを分かち合いたくてブログ始めました。

野球の打順 下

おはようございます!

 

最近起床時間が日毎にバラバラで頭の中がふんわりしています。笑

 

でもずっと眠いと言って寝てるのももったい無いですよね!

今はテレビ以外でも野球を観れるツールがどんどん増えてきています。

どんどん有効活用していくと楽しいですよね(`・ω・´)

 

それでは野球の打順、ラストスパートでございます。

 

1. 7番

 

下の8番打者がキャッチャーとして入ることが多いことから、それ以外の野手の中で一番打力が低い人が入ります。逆に、守備や走塁などその他の点で大きく評価されている選手が任されやすいです。

いわゆる繋ぎ役といったところでしょうか?

また、中には確率は低いものの、一発ホームランが期待されるような意外性のあるバッターが入ります。

 

2. 8番

 

9番とならんで打席が回る回数が少ない打順です。

簡単にいえばキャッチャーが入ります。

しかしながら、打てるキャッチャーがチームにいる場合は、繰り下げて7番に入るようなバッターがここにくることもあります。

最近は打てるバッターというものは減少傾向にあり、なかなか実現していませんが笑

 

3. 9番

 

セリーグでは99.999%ピッチャーがこの打順です。

もっとも打席数が少ない打順のため、少しでも疲れさせず自分のピッチングに専念してもらうためです。

パリーグでは、1番打者への繋ぎや役、あるいは第2の1番バッターがよくここに入ります。1番打者は長打もあったりするぶん、この9番はそこまでパワータイプではないことが多いです。

 

今回は前回申し上げたように、下位打線は日によってバラツキがあるため、今回は有名な日本人選手のご紹介は控えさせていただきますが、9番に至ってはかつて日本ハムファイターズにいた金子誠が印象的ですね。史上最強の9番打者として長年貢献してきた名選手です。

 

3シリーズに分けてお話ししたこの打順の役割ですが、あくまでも潮流であり、チーム方針や時代により多様化するのはいうまでもありません。

ですが、全く違うものにもなることはないでしょう。

 

今日はバファローズ戦、頑張れ久保、頑張れベイスターズ

 

たつじゅん