野球初心者の為のブログ

野球と旅行と読書が好き。皆さんと野球の楽しさを分かち合いたくてブログ始めました。

野球のポジション 下

こんにちは!

 

やっと梅雨入りを感じさせるようなムシムシ加減、すでにノックアウトです!

 

ですが、これから高校球児たちの熱い暑い夏も同時に始まります、ますます野球に目が離せませんね( ^ω^ )

 

さて、今日は野球のポジションシリーズのラスト、外野手の三ポジションでございます。

私は小学校三年から高校引退まで野球をしてきましたが、基本的には外野手でひたので、野球を見るときは外野手の動きをよく見る習慣がつきました。

これはこれで非常に楽しいのでわかりやすく今後ご紹介していきます!

 

1. 左翼手(レフト)

 

外野の3つのポジションの中でも、比較的運動量の少ないのがこのレフトです。打撃は優れてるが内野手でレギュラーが取れないという選手はレフトに転向することもあります。ですがレフトが楽かというと決してそうではなく、ホームベースの一歩手前、サードベースに近いので責任も重大です。

 

有名な日本人選手:筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)、青木宣親(ヒューストンアストロズ)、角中勝也(千葉ロッテマリーンズ)

 

 

2. 中堅手(センター)

外野手では花形のポジションです。

ピッチャー、キャッチャー、セカンド、ショートと合わせてセンターラインと呼ばれています。文字通りですが、この5ポジションがしっかりしているチームは強いと言われています。

 

有名な日本人選手:秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)、荻野貴司(千葉ロッテマリーンズ)、柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

3. 右翼手(ライト)

イチローといえばライト、ライトといえばイチローといわれることがあります。すなわち、チームで一番肩が強い人がつくポジションです。大谷も野手の時はライトを守っていましたよね。日本では打順が8番でライトを守っている人のことを「ライパチ」と揶揄することがありますが、現代野球ではどの打順、どのポジションにも役割と責任があるので、必ずしも当てはまらないでしょう。

 

有名な日本人選手:イチロー(マイアミマーリンズ)、梶谷隆幸(横浜DeNAベイスターズ)、平田良介(中日ドラゴンズ)

 

彼ら外野手の後ろは誰も守っていません、後ろにボールを逸らすと一気に点が入ってしまいます。内野手ほど守備機会は多くありませんが、見えないところでのサポートや、一球に対する責任感は内野手を勝るものがあります。

そんな外野がわたしは大好きです(`・ω・´)

 

たつじゅん